トップ / 不動産を複数で所有する

不動産の区分所有について

不動産において区分所有という考え方がありますが、意味を知っている人はどれだけいるでしょうか。この言い方だとピンとこない人の方が大多数だと思います。マンションはだいたいこれが当てはまります。その為、マンションを利用するときの状態と言われればなんとなく分かるのではないでしょうか。つまり、自分の部屋である個人所有の部分と階段やエスカレータといった共有部分がある場合が該当します。共有部分はみんなで管理する事になりますが、個人所有の部分については個人で自由に使うことができます。その為、マンションの部屋を不動産として売買する事が可能になるわけです。

マンションの区分所有者とは

2世帯住宅で居住部分が完全に2つに仕切られていれば、それぞれについて所有権を登記できるので不動産の区分所有者ですが、一般的には分譲マンションを買った人を区分所有者として話題にすることが多いです。中でも複数の人が区切られた部分を所有するマンションという建物は特異な物といえます。一つの建物を複数の人が持っているのですから、それに伴う問題も発生します。日常的なところでは全員が使う玄関とか廊下の清掃、給排水設備の管理などは所有者の合意のもとに行わなければいけません。大きな修繕をしたいときも不動産の所有者全員で決めなければいけません。すべては多数決によって決められます。

不動産業に関する情報