トップ / 不動産会社と契約する

不動産売買契約時の費用

不動産を買うとき、売るとき、それぞれ契約に必要な費用があります。必ず必要なのが、契約書の印紙代(売買価額により金額が決まります)、新築分譲など売り主と買主が直接取引する場合は不要ですが、会社が仲介にが入る場合は仲介料、これは会社によって異なりますが、売買価額の3%くらいを見ておく必要があります。このほかに登記に関する費用があり、所有権移転登記の費用は買主が負担するのが一般的です。売買に直接必要な費用ではないですが、売却の時点が抵当権がまだついている場合は、抵当権を抹消しないと売買できないので、売り主には抵当権抹消費用が必要、買主は融資を受ける場合は抵当権設定費用を含む融資関連費用も必要です。不動産選びにあたっては、これらも含めて総合的に判断する必要があります。

賃貸契約の内容を理解しておく

賃貸住宅に住む場合、最初に不動産会社と賃貸契約を結びます。難しい専門用語などが細かく記されているので、読んでもなかなか理解できないかもしれませんが、とても重要なことが書かれているので必ず目を通しておく必要があります。もし分からなければ会社の担当者に質問して理解するようにしましょう。目を通し理解していなかったせいでトラブルになるケースがよくあります。たとえば退去時の部屋全体のハウスクリーニングは、国のガイドラインでは家主の負担で行うとされています。しかし契約書にこの費用は借り主の負担と書かれていれば、ガイドラインにかかわらず借り主が負担しなければなりません。原状回復の例はあくまでも一例です。このようなトラブルを防ぐために不動産を契約する時には内容をしっかり理解しておくようにしましょう。

不動産業に関する情報